更年期障害や脳梗塞の症状をチェック【早期発見!改善ナビ】

女の人

早い対応が必要な脳の病気

医者と看護師

脳梗塞は生活習慣病として知られていますが、その原因を見直していかなければリスクはどんどん高くなってしまいます。脳梗塞には前兆があり、それに早く気づいて治療をしてもらうことで危険を回避できます。しかし、その根本からまず見直していくことが大切で、定期的な健診でその疑いを知ることができます。

高齢者に多い腰の病気

病院

脊柱管には神経が通っており、過労による骨の変形によって脊柱管の神経が圧迫され、歩行に障害が出る病気を腰部脊柱管狭窄症といいます。治療することで症状は軽くなりますが、症状が重いと手術をすることもあります。気づいたら医師に診てもらい、治療することが大切です。

回復への近道とは

医療

椎間板ヘルニアは、軽症から重症までその症状も治療法も様々あります。大阪の専門病院では、従来の手術の他、患者への負担が少ない、内視鏡下での手術や、レーザー治療など、色々な治療法を施行されています。自身のニーズに沿った治療法を選択する為にも、早めに専門医の受診をすることが大切です。

日本人の死亡原因上位に

問診

痴呆の原因にも

日本人の死亡原因としてガンが上位にあるのは多くの人が知っていますが、脳の病気も上位に位置する恐ろしい病気です。中でも脳梗塞は脳の病気の中でも大きな割合を占めているとされています。脳内の血管に何らかの原因によって血液が流れなくなってしまい、脳細胞が死んでしまうのが脳梗塞です。発症してしまうと命が助かっても後遺症が残ることもある恐ろしい病気です。また、50歳以上に多く見られる症状であるために高齢化社会になって患者の急増が予測されています。また、脳梗塞は痴呆の原因にもなると考えられています。痴呆症状がある高齢者の多くは、この脳梗塞が原因で痴呆症状が進んでいるともされているのです。再発することも多く、定期的に検査を受ける必要がある病気だともされています。

働き盛りに注意が必要

更年期障害の影響は、女性が多いと思われていますが実はそういうわけでもないことが分かっています。最近は男性も更年期障害や脳梗塞などの症状を意識されるようになっており、潜在的な患者は国内に250万人いると言われています。特に働き盛りは注意が必要であり、早期発見と改善に努めることが必要とされています。

無理はしないように

更年期の原因としては、主に女性ホルモンが減少すると更年期が訪れると言われています。また、若い頃に行なった過激なダイエットや不規則な食生活によってホルモンバランスが乱れているのです。そのため、若い人は今からでも自分の生活習慣を見返してみて、食生活や生活習慣を直していきましょう。また、治療では、必ず病院行いくことが大切です。病院でじゃないと受診をして、自分の状態を把握したうえで医者と相談していきましょう。