更年期障害や脳梗塞の症状をチェック【早期発見!改善ナビ】

2人のナース

早い対応が必要な脳の病気

医者と看護師

症状と早急な治療

日本人に多い病気に脳梗塞があり、この原因は脳の血管が詰まってしまうことで起きてくる病気です。これが起きることで動作や言語に障害が残ってしまうことも多くあり、その場合は介護が必要になってきます。このような症状に見舞われる人は、高齢になるほどリスクは高まります。この脳梗塞を最小限に抑えていくには、その前兆にいち早く気づいて病院で治療を受けることが大切です。脳梗塞の前兆とは、言葉が上手く話せなかったり手足がしびれてしまうことです。この状態をそのままにしていたら、血管が完全に詰まってしまい、脳の一部の機能が停止してしまいます。そうならないためにも、時間に関係なく病院で診てもらい、その検査結果から薬の投与で血管を詰まらせる原因の血栓を溶かしていきます。それで大きな事態を防ぐことができ、この間の時間は一刻を争います。病院ではこのような脳梗塞の治療は徹底して行われ、危険な状態を逃れた人でもその原因となる血栓の治療は引き続き行われます。脳梗塞を発症してしまう過程には、いろいろな原因が重なり合っているのでそれを一から見直していかなくてはいけません。

健診が予防になる

脳梗塞を引き起こす血栓は、動脈硬化が原因となっています。この動脈硬化とは、血液がドロドロした状態のことを言い、これがひどくなると血の塊の血栓となってしまうのです。この動脈硬化は、脳梗塞だけでなくいろいろな病気を引き起こしてしまう危険な状態です。動脈硬化は、脂肪分の多い食事や喫煙などでそのリスクを高めてしまいます。また、ストレスも影響してしまうので、若い人で発症してしまう人も少なくありません。この脳梗塞の疑いを知るには、定期的な健診がその可能性をあらわしてくれます。健診では血液や血圧の検査が行われますが、この数値によって危険度が分かってきます。血液ではコレステロール値が高い人や血圧が高い場合もその疑いが充分にあるので、これで予防や治療を受けるきっかけにもなります。生活習慣が乱れている人や、すでにコレステロール値が高かったり高血圧の人も、定期的に受けていきたい検査です。