更年期障害や脳梗塞の症状をチェック【早期発見!改善ナビ】

2人のナース

回復への近道とは

医療

早めに受診する

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎と腰椎の間でクッション材の役割を果たしている椎間板という部分が、突出してしまった状態をいいます。症状の出方はヘルニアの程度によって様々ですが、一般的に、急性期には、刺す様な鋭い痛みを伴う腰痛が始まりの事が多く、その後は重苦しい鈍痛を日常的に自覚する様に変化する人も少なくありません。また、腰椎椎間板ヘルニアの症状としてもう一つ特徴的なものは、下肢に生じる症状です。これは、突出したヘルニア部分が神経に触れることが要因で、下肢に痛みや痺れを生じるものです。重症の場合は、麻痺を生じ、歩行困難になることもあります。治療には様々な方法が用いられます。東京や大阪など、全国に椎間板ヘルニアの専門医がいる為、疑わしい症状がある場合には、重症化する前に、なるべく早く受診することが回復への近道となります。

自分に合った治療法の選択

腰椎椎間板ヘルニアの診断は、MRIの画像診断で、ヘルニアの突出所見があるか否かで診断できます。その大きさや、突出の程度によって、治療法は異なります。大阪を始め全国的に点在する椎間板ヘルニアの専門医は、ごく初期で軽症の場合には、急性期の安静だけでヘルニアが小さくなるどの変化が見られる場合もあるといいます。痛み止めの内服や湿布薬などを併用しつつ、安静を心がけ、少しづつ効果が見られて、痛みが和らいでくれば、次は逆に少し運動をすることが、症状の悪化や再発を防ぐのに有効です。もう少し重症の場合は、手術が適応されることが多いですが、例えば、大阪の専門病院では、患部を大きく切開する手術でなく、内視鏡下での手術も行っています。この場合は、傷が小さくて済み、術後の回復も早くなります。また、同じ大阪市内では、レーザーによる治療法を行っている病院もあります。こちらも、患部を切開することがない為、患者への負担が少なくなるメリットがあります。この様に様々な治療法がある為、自身のニーズに沿った治療法を選択し、納得いく治療を受けることが大切です。