更年期障害や脳梗塞の症状をチェック【早期発見!改善ナビ】

2人のナース

高齢者に多い腰の病気

病院

病気になる人の特徴

脊柱管は背骨に囲まれた管のような空洞のことで、この脊柱管の中に神経や血液が通っています。この神経が圧迫されることにより、私たちは腰部脊柱管狭窄症になります。加齢による変形した背骨と椎間板などの突出した骨が神経を圧迫するので、おもに高齢者の方がなりやすい病気です。中でも若いときに腰を痛めたり重労働や長時間車を運転する仕事をしていた人は、加齢により椎間板の変形が進みやすく、腰部脊柱管狭窄症になってしまう人が多いのです。また、医学的には中年の女性も腰部脊柱管狭窄症になりやすいとされています。現代の若者は昔に比べると椅子に座る時間が長いので、高齢化にともない、腰部脊柱管狭窄症の人は今後さらに増えると予測されています。

病気の悪化を防ぐために

腰部脊柱管狭窄症になると、日常生活での歩行が困難になっていきます。足の力が弱くなるため、長時間歩き続けるだけでなく、尿の出が悪くなることもあります。歩き始めは何も感じなくても、歩き続けているうちに足の痛みやしびれを感じて歩けなくなったら、腰部脊柱管狭窄症の可能性が大です。放っておかずに、すぐに医師の診断を受けることをお奨めします。日常生活では背筋を伸ばすように心がけると予防することができます。しかし、医師の診断の下に治療することで症状が改善されることがわかっていますから、気になったら怖がらずに病院で診てもらいましょう。症状が重くなると、手術をしなければ症状を改善することができないこともあります。できるだけ初期の段階で治療できたほうが、体に負担もなく老後も健康的に過ごせるでしょう。